現在使用されている避妊薬として主な物となるのはピルです。
このピルに最も期待されている効果となっているのは避妊薬としての効果、つまり妊娠を予防する効果であるということになるのですが、実はピルが持っているのは避妊効果だけではありません。
ではどのような効果があるのかと言うと、まず一つ目として言えるのが月経を休ませることによって得られる効果です。
月経は女性特有の生理作用ですが、この際には様々な問題が発生することが珍しくありません。
例えば月経前症候群、イライラや便秘、腹痛やニキビといったような症状は非常にありがちなものですが、ピルを服用すると月経が非常に緩やかになるためにこれらの諸症状はかなりの部分で抑えられることになります。
もちろん完全に月経を止めるわけではありませんから「全ての症状が無くなる」とは断言できませんが、それでもピルを飲んでいるかどうかによって症状の重さは大きく変わってくるでしょう。
次に子宮内膜症の治療補助という効果もあります。
子宮内膜症は悪化すると月経困難症や不妊症などの原因になりますが、この主な原因は月経血が卵管を通って腹腔内に逆流することです。
月経血が逆流をすることによって子宮内膜の細胞が本来あるべきでは無い場所で生育することによって、この症状が発生するのです。
ですがピルを利用すると卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きによって進行を食い止めることが出来ますから、治療が完了するまでの間に子宮内膜症が悪化するのを防ぐことが出来るのです。
また最近では不妊治療においてピルが用いられるということも非常に増えてきました。
ピルによって生理周期をコントロールして体外受精のための採卵日程を調整したり、生理周期をリセットして治療をやり直しやすくするなどの効果によって、不妊治療では多く利用されています。
またピルには黄体ホルモンが含まれていますから、これによって子宮内膜が厚い状態を維持して受精卵の着床を助けることも出来るのです。
「避妊薬」という言葉だけを見ると非常に重いもののようにも見えますが、現在の医療においてそうした認識がされることはほとんどありません。
もちろん何の目的も無く服用しても良いというわけではないのは確かですが、健康を維持するため、普段の生活をより豊かにするためといった明確な目的や、病気治療のための必要性があるというような場合には服用をするべきであると判断されることも非常に多いのです。

▼つらい生理痛から解放されたい方はこちら
病院に行かなくてもピルは通販できます