ピルはシンプルに説明をすると、女性ホルモンの薬と言い表せます。
世界各国においては、積極的にピルが使用されてきているという歴史があります。
ところが、日本においてはピルの流通が特に遅れていたため、現在のように気軽に購入し服用するということはできませんでした。
しかし、今日においては治療などでもピルを用いる機会が増加傾向にあり、日本人女性の多くが様々な理由と用途のもとにピルを摂取しています。
現在では、世界でおよそ1億人以上の方が服用しているとされています。
製品自体のイメージとしては、避妊薬というのが一般的と言えます。
実際に、望まない妊娠を避けるために避妊するとした場合最も成功率が高いのがピルなのです。
しかし、避妊以外に生理痛を改善したり子宮内膜症や子宮がん、卵巣がんの予防にも用いられます。
服用することにより、体内に存在している女性ホルモンの濃度を高めてくれます。
濃度が高まると妊娠している状態と酷似するので、排卵が制限され妊娠しなくなるのです。
女性ホルモンの濃度を上げることにより、排卵が制限されるので経血が減少し、生理痛が緩和されるという仕組みです。
ピルを手に入れるには、通常医師による処方箋が必要になります。
婦人科もしくは内科にて生理痛の症状について相談をすると処方してもらえます。
婦人科に行くことに対し抵抗を感じる方が少なくないものの、生理痛は病気が要因の場合もあります。
病気を早期発見するためにも、早めに診てもらうことが好ましいです。
また、性交を行おうとした際や性交中に痛みを感じる性行為痛にも効果があります。
性行為痛は、分泌液の不足が要因とされていますが、病気の可能性もあります。
ピルを服用しても性行為痛が収まらない場合も早めに病院に訪れてみましょう。