生理痛が辛い方の場合、生理痛の痛みをやわらげるために、ピルなどが処方されることがあります。

ピルについては、避妊のための薬という印象が強いかもしれませんが、避妊のための薬という面だけでなく、生理痛の痛みを改善するために、婦人科などで薬が処方されることがあります。

たとえば、毎月の生理がとても重い人や、月経困難症などで悩んでいる人のために、ピルが処方されることがよくあります。

このピルについてですが、お酒を飲んではいけません。

たとえば、ピルを飲んだ後にお酒を飲んでしまうと具合が悪くなってしまったり、吐き気などが出ることがあります。

また、お薬を薬局などで処方されて説明を受ける際にも、そのように飲酒を控えるようにと、薬剤師さんから指導があることもあります。

お酒については、多くの薬で、薬の後や前後に飲むことを控えるようにされています。

お酒は、血液のアルコール濃度をアップさせる効果などがあり、薬との相性が悪いことがほとんどです。

よく言われる通り、薬とお酒をいっしょに飲んでしまうと、具合が大変に悪くなってしまいます。

また、ピルなどを避妊の薬として使っている場合には、避妊ができないこともあるので、十分に注意が必要です。

生理痛には、このようにピルが処方されますが、飲む際には上記のことから注意が必要となります。

たとえば、生理痛の痛みをやわらげるために、ピルを飲む際には、水などできちんと飲むことが大事です。

また、お薬の時間などはきちんと守ることが大事です。

飲み忘れたから!と言って、何度も連続して飲んでしまうと、効果がきかないどころか、かえって体が悪くなってしまうこともあるからです。

そのため、気を付ける必要があります。