女性が自分の意志で避妊できる方法として知られている経口避妊薬(ピル)ですが、避妊という目的以外にも、生理痛の改善や生理周期の改善、子宮内膜症や子宮がん・卵巣がんの予防などに使用されています。
なぜ避妊薬が生理痛の改善に用いられるのかというと、薬に含まれる女性ホルモンが子宮内膜の増殖を抑制し、それによって子宮の収縮を促すプロスタグランジンという物質の分泌量が減るため、痛みや出血が軽減されるという仕組みです。

生理痛を緩和するために避妊薬を用いる使用法については、避妊目的で服用するのと同じです。
避妊薬には、21日服用して7日間休む21錠タイプと、最後の7錠が偽薬となっている28錠タイプがあります。どちらも最後の7日間に、生理のような出血が起きますが、子宮内膜が剥がれ落ちる通常の生理と違って生理痛が軽減されたという人が多いです。

飲み始めるタイミングとしては、生理が始まった第1日めから飲み始める「Day1スタート」と、生理が始まって最初の日曜日から飲み始める「Sundayスタート」があります。前者は服用開始日がわかりやすい反面、次の生理開始日をコントロールしにくいという欠点があります。後者は、毎周期の始まりが常に日曜日となるので飲み忘れや飲み間違いが少ないというメリットがあります。どちらの使用法を選んでも、もし飲み忘れてしまった場合は気づいた時点で1錠飲み、また通常通りに続ければ大丈夫です。もし2錠以上飲み忘れて、避妊効果を持続させたい場合は、いったん服用を中止し、一度生理が来るのを待ってから再び飲み始めましょう。

避妊目的で処方してもらう避妊薬の場合は保険は適用されませんが、生理痛の緩和目的の場合は、保険が適用されるものもあります。まずは医師にきちんと相談し、正しい使用法を守って定期的に診察を受けることが大切です。